記事詳細ページ

【ハレの日に「鯉の甘煮・ぼうだら煮」】

今日は”冬至”。あずきかぼちゃを食べると
風邪をひかずに元気で過ごせるといわれています。
こんな風に縁起が良いとされる食べ物が、
田舎にはたくさんあるんですよね。

山形県でお正月やお盆に必ずといっていいほど
食卓に上るのが「鯉の甘煮」や「ぼうだら煮」。
置賜の鯉は、豊富な湧き水のおかげで泥臭くなく、冬の厳しさによって
身が引きしまった逸品として大変人気があります。

▼ぶつ切りにした鯉を甘じょっぱく煮た郷土料理。
骨まで食べられる「やわらか煮」も。
ハレの日に欠かせない御馳走です。


▼ぼうだら煮は、日本のマダラを干物にした保存食。


▼大鍋で時間をかけて煮込むそうです。


お節料理の一品にも是非お試しください。

鯉の甘煮のお求めはこちらから

鯉のやわらか煮のお求めはこちらから

ぼうだら煮のお求めはこちらから

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!

2016.12.21:[■長井のうまいもの]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ