記事詳細ページ

【ながいズーズーかるた】

田舎の訛りと言うのは、まるで英語の巻き舌のような
発音のものが多く、その場の雰囲気などを読んで
ここぞと使われるので、書き表すととっても難しくなります^_^;

とは言えずーずー弁を愛する市民は多く、このたびとうとう
待望の「ながいズーズーかるた」が誕生しました。


市内の若者有志と福祉施設が共同開発したこのかるたは、
取り札に木材が使われていて、田舎のぬくもりが感じられます。

読み札の一例をご紹介。
「えなつさして なにゃ しょんびっちぇだごんだ」
(変な顔をして 何で しょんぼりしてるんだい)

「けなりがってえねで けっから けぇず けぇ」
(恥ずかしがっていないで これやるから 食べてみなさい)
ってことなんです(@_@;)


方言を聞いて、標準語の札を取る難しさは脳トレにもなるとか。

「ながいズーズーかるた」は1セット3,500円。
タスビル内やまがたタス物産館で販売中です!


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!


 

 

 

2016.10.07:[■長井のうまいもの]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ