記事詳細ページ

【けん玉ペインティング長井支部一次審査 】

今年で第11回目となる、けん玉協会長井支部主催「けん玉ペインティング
コンテスト」の一次審査会が、本日タスビルで行われました。
 

▼一次審査では原画を各学年ごと1枚1枚審査

「けん玉の里・長井」の名にふさわしく、市内の小中学生・高校生から毎年
多くの応募があり、今年の応募総数はなんと566点

▼審査の様子

子供たちの想いが詰まった原画ばかりだけに、それに応える審査員の
平吹先生の目も実に真剣 (;^_^汗

一次審査通過者には、毎年常連の子供もいればそうでない子供もいます。
無限の可能性を生み出す子供たちの感性に改めて驚かされますね(^^♪

さて、長井支部一次審査で選ばれた方には、各学校を通じて「木地けん玉」を
お渡しします。実際にペイントして二次審査に出品してくださいね。

なお、長井支部のけん玉ペインティングコンテストでは、全国大会一次審査を
通過した作品と、今回の審査を通過した作品が二次審査へと進みます。

二次審査は9月に行われます。今年も素敵な作品待ってます!

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!
 

2016.07.11:[■長井のイベント]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ