記事詳細ページ

【河川敷が「菊芋」畑に】

12日(木)、タスビル裏手の河川敷で、「菊芋」の
植栽作業が行われました。

これは、最上川フットパス沿いの景観を良くするため、また、
収獲体験などを体験型観光に活用するために、観光協会が主体と
なって取り組んでいる事業です。

昨今、ヘルシーフードとして知名度を上げている「菊芋」。
食べるのも良いですが黄色の花も美しく、咲き揃うと
春の菜の花にも負けないくらいきれいなグランドカバーになるそう。

▼最初はこんな小さな苗ですが、3メートルくらいまで育つとか。
  

▼当日は幼稚園の園児たちが植栽のお手伝いを(^O^)/
  

▼商工会議所や菊芋研究会の方たちも駆けつけて。


▼9月の中旬ころから、この広〜い畑一面が黄色い絨毯に。
フットパスを歩く人達の目を楽しませてくれることでしょう(*^。^*)



【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!

※ながいファン倶楽部のブログで使用している写真は、私たちが
 一生懸命
撮った写真です。勝手にお使いにならないでくださいね♪
2016.05.14:[■長井の風景]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ