記事詳細ページ

【「青いとまと」改訂新版発刊!】

「青いとまと」は、長井市出身の彫刻家であり、日展作家でもある
故「長沼孝三」氏の、講演・対談集をまとめたものです。
この度初版から20年ぶりに、改訂再版されました。

長沼孝三氏は、名誉市民。「青いとまと」の冒頭に記載されている
詩「長井の心」の中で、郷土を愛し誇りに思う事の大切さを説いています。



講演や対談の中で氏は、長井の地を「日本の中でも最も恵まれた
素晴らしい環境」にあると語っています。
郷土愛に貫かれた長沼氏の哲学は、日常生活の中で郷土の良さを
忘れかけている私たちにとってのエールであり、
長井市の重要な教育理念として位置づけられています。

題名の「青いとまと」は、長沼氏が東京美術学校(現東京芸大)卒業後に
都内に家を借り、そこに集うまだ無名の俳優や医者らと交流し、
「日陰のとまと会」と名付けた事にちなんでいます。

本書はやまがたタス物産館の他に、長沼孝三彫塑館内でも販売されています。
▼彫塑館わきの、長沼氏の生家(県指定文化財)

秋の夜長のお供に・・・長井市民はもちろん、長井を知らない方でも堪能できる一冊です。(^^♪

★ 「青いとまと」のお求めはこちらから ★


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!

2015.09.14:[■長井のうまいもの]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ