記事詳細ページ

【丸大扇屋と長沼孝三彫塑館が開館しました】

新年度を迎え、冬のあいだ冬眠…ならぬ冬期閉館を行っていた施設が
次々とオープンしていますヾ(^∇^)

(財)文教の杜ながいの丸大扇屋と長沼孝三彫塑館も4月1日より再開し
ました。

▼まだまだ雪の残る丸大扇屋の庭…まちなかとは思えません(^^;)


▼それでも縁側は暖かそうです


春の再開に合わせて企画展もスタート。丸大扇屋の母屋内蔵では「丸
大の器展」が、新座敷では「白龍 栗子新道を行く」が開催されていま
す(*^▽^*)

▼母屋内蔵の丸大の器展


江戸時代に舟運で栄えた呉服商・丸大扇屋に残されていた器を展示し
た「丸大の器展」には、大切に使われていた色鮮やかな陶器がズラリ
と並んでいます。中には伊万里焼や京焼の器もありましたよ(*゚o゚*)

▼可愛らしい器がたくさん展示されています






一方、新座敷の「白龍 栗子新道を行く」では長井市時庭生まれの南画
家・菅原白龍が、明治9年から14年にかけて行われていた米沢と福島を
結ぶ幹線道路の建設の様子を描いた12枚のスケッチを展示しています。

▼新座敷の白龍 栗子新道を行く


この工事は当時の最新技術を集めて行われたもので、特に栗子隧道(ト
ンネル)は当時の日本で最大級の大きさだったとのことw(゚゚;)w 白龍
もワクワクしながら工事の様子を描いたのではないでしょうか。

▼刈安洞門


白龍はこれらの絵を画帳にまとめ「栗嶺奇観(りつれいきかん)」と名づ
けて開通式に訪れた明治天皇に献上したそうです。

今回の企画展では3つの画帳に収められた作品と門弟・白民による模写を
4つ並べて展示しています。それぞれを見比べて鑑賞するのも興味深いで
すよね(*゚∇^*)

▼同じ場面を縦に4つ並べて展示しています


2つの企画展はいずれも5月29日(日)までの開催です。また、併設されてい
る長沼孝三彫塑館では「念仏踊りの連作」「長沼孝三のデザイン」を展示
中です。こちらは7月3日(日)までです。

▼扇屋ののれんをくぐって、ぜひ訪ねてみてください!


丸大扇屋
開館時間:10:00〜16:30
休館日:月曜日・月末日
入館料:無料

長沼孝三彫塑館
開館時間:10:00〜16:30
休館日:月曜日・月末日
入館料:大人300円、高校生200円、小中学生100円


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!


*.*:*.*:*.*:* がんばろう東北!がんばろう日本! *.*:*.*:*.*.*

長井市災害避難者支援ボランティア本部のブログはこちらから
長井市でも支援の輪が広がっています→こちらからどうぞ

長井市生活情報マップはこちらから

被災地への義援金についてはこちらから

「東北地方太平洋沖地震/山形から復興支援ノート」はこちら

2011.04.05:[長井のイベント]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
アーカイブ
このページの上へ