記事詳細ページ

【お正月は〜「馬のかみしめ」数の子豆!!】

山形で食べるお正月料理の中に“数の子豆”がありますよね。
“豆数の子”とか様々な呼び方があるようですが、枝豆と数
の子を醤油やだし醤油等で味付けした、あの一度食べ出した
ら止まらないお豆料理です!

山国では数の子などの海の幸は高価なものだったそうで、数
の子は黄金の隠喩、枝豆は「まめで達者で」に掛けて、繁栄
と健康を願って食べるものだそうです(*゚ー゚*)ノ

在来枝豆「馬のかみしめ」を使って数の子豆を作りました!

▼大豆を綺麗に洗って一晩浸します。


▼アクを取りながら20分くらい煮立てます。大豆が大きい
ので青ばた豆より若干長めに茹でます。


▼茹であがった豆と前日塩抜きしておいた数の子を適当な
大きさに切りだし醤油で和えて完成!生醤油や味醤油でも
おいしいですよね♪


残りの大豆で“しょりしょり豆”と“味噌豆”を作ってみま
した。

▼同じく茹でた豆をひたひたの油できつね色になるまで揚げ
ます。


▼これだけでもおいしい(*^・^*)お酒のつまみにもGoodです♪


“みそ豆”はお味噌に対して砂糖8割位を入れたお鍋を火に
かけよく練り合わせます。

▼じゃ〜ん!ご飯がススムおかずの出来上がりですヽ(=´▽`=)ノ
お茶うけや子供のおやつ、そして..もちろんお酒のおつまみに!


「馬のかみしめ」の大豆はこちらから!

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!

2009.12.22:[長井のうまいもの]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ