記事詳細ページ

【果物の女王!ラ・フランス】

フルーツ王国山形の秋の逸品といえばラ・フランスです!

▼おおっ!たわわに実ってます!


そのとろけるような甘さと芳醇な香りから、生誕地フランスで国を
代表する品種として名づけられたと言われる高級西洋ナシ!それが
ラ・フランスなのです。

そんなラ・フランスが長井市でも収穫の時期を迎えたので、生産者
の孫田さんにその様子を見せてもらいに行きました(^-^*)

▼はけごにビッシリ ラ・フランス!


ラ・フランスの実がたわわに実った孫田さんの果樹園。どれもおい
しそう!でもとれたては硬くて食べられたものではありません(>< )

▼う、うまそうなのに…


収穫したラ・フランスをしばらく置くと、食べごろのころには芳し
い香りがしてきます。ヘタの周囲を軽く押して耳たぶぐらいの柔ら
かさになった頃が食べごろだそうですよv('▽^*)
(注:お店でこれをやるのはご法度です!!!)

孫田さんのラ・フランスも収穫後、美味しく出荷するために涼しい
場所に保管する予冷を行うのだそうです。食べられるのは11月頃か
らの予定です!

▼道路を通る小学生がちゃっかりもいでいったりするそうです(^_^;)


置賜地方では古くから栽培されているラ・フランスですが、もとは
他の品種の授粉用として植えられていたそうです。一般的な西洋ナ
シに比べて小さく見た目もよくないため、昔は「見たくない梨=み
だぐなす」な〜んて呼ばれていたそうですよ!

▼そんなにブサイクですか?


ラ・フランスは収穫後に有機質肥料を使った土作りをはじめ、芽の
出る前も枝の剪定が必要なのだそう。つぼみになれば果実数を調整
し、実がついてからは病気にならないように気を配らないといけな
いとにかく手間ひまのかかるフルーツだと孫田さんは教えてくれま
した。さすがフルーツの女王様ですね(>▽<;;

▼お話を聞かせてくれた孫田 善朗さん


でもそれだけ手塩にかけて育てられただけあって、今年のラ・フラ
ンスはとっても良い出来だそうです。ああ、楽しみぃ〜。


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!

2009.10.27:[長井のうまいもの]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ