記事詳細ページ

【撞木橋★撞木川】

長井は水のまち。山にはたくさんの沢が流れ、町では数多くの水路
が住む人の手により大切に守られています。

撞木川(しゅもくがわ)もそんな町中水路の一つ。摂取院や常楽院
などのお寺の脇を通り、長井小学校を通り過ぎて木蓮川へと注ぐ川
です。川の脇の小道はフットパスコース・みずはの小道としても整
備されていますヾ(^∇^)。ここは長井小学校の児童の通学路でも
あるので、懐かしく感じる方もいるのでは?

▼みずはの小道の案内


緩やかな流れの周りには、真黒な翅と玉虫色の胴体がきれいなハグ
ロトンボがたくさん飛んでいましたo(^▽^)o

▼ハグロトンボ


撞木川にかかる撞木橋は昭和6年に架けられたものだそうです。鐘
をたたく撞木というT字型の仏具に橋の形が似ているから名づけら
れたとのこと。もともとは橋の下が川の合流地点だったそうですよ。

▼詳しくはこちら


▼撞木橋と撞木川


暑い季節は水辺を散歩しながら夕涼みするのもいいですね(゚∇^d)
虫よけ対策を万全にして(^_^;)出かけてみてはどうですか?


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼お申込はこちらから!

2009.07.30:[長井の風景]
オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ