記事詳細ページ

【「ながい食の祭典2019inタス」が行われました】

【「ながい食の祭典2019inタス」が行われました】:画像

10月10日(木)、『ながい食の祭典2019inタス』が行われ、
地元の食材を使った、目にも鮮やかなお料理が提供されました。

タスホテルの料理長たちが腕をふるってくれたお料理を一部ご紹介(*^。^*)
  

  



また、生産者たちのちょっとした紹介やプレゼンの時間も設けられて。
▼クラフトビールを作っている「長井ブルワリークラフトマン」や
黒ニンニクの生産者からの御挨拶。
  



▼来る東京オリンピックで、長井がホストタウンになる「タンザニア」の
”食”についてのお話なども・・・(*^_^*)




▼今回のコース料理の中にも、「タンザニア」の食文化を取り入れたメニューが
考案されました。スパイスが利いていて美味しい!


デザートは旬のさつま芋を使ったスイートポテトのキャラメルソース添え。
付け合せの梨はもちろん伊佐沢産のもの。


▼会場の一角では、旬の果物販売コーナーも。


昨年から始まり、今回で2回目を迎えた「ながい食の祭典」でしたが、
前回とは全く趣向を変えた料理の提供をしてくれました。
生産者たちを応援する意味でも、食材の可能性を追求する意味においても、
良い機会になったようです。

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!


 

2019.10.11:[長井の風景]

芋煮会話題追加です

香川県坂出市で勤務していた時、新居浜在住のお取引先から『いもたきをするので、某おじさんも来ませんか?』のお誘いで訪ねました。河原での芋煮会でした。でも山形県民よりお金が無いのか牛肉でなく鶏肉で、味も山形の芋煮会より美味しくありませんでした。でも宇和島から広がったいもたきは、愛媛県全体に広がり、今や秋の風物詩の様です。長井市野川での芋煮会は最高レベルです。綺麗な河川と素晴らしい芋煮会文化が残るふるさと万歳でした。

2019.10.16 17:05:[市原市の某おじさん]:編集削除

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
長井 あやめ:画像

長井 あやめ (ながい あやめ)

このブログは『ながいファン倶楽部』で運営しているブログです。

オンラインショップで購入できます!旬の逸品
一覧はこちらから
このページの上へ